コラム

クリスチャン ルブタン株式会社が中国企業に勝訴  賠償金500万人民元(約1億1000万円)!

 近日、北京知的財産裁判所は、レッドソールシューズに関する不正競争行為をめぐる紛争について一審判決を出し、クリスチャン ルブタン株式会社(以下「ルブタン」という)が保有する「レッドソール シューズ」という商品名および女性用ハイヒールの靴底に使用されている赤デザインを「影響力を持つ商品名」および「影響力を持つデザイン」に該当すると認定した。


 また裁判所は、権利侵害側である広東省皮革メーカーのワンリマ会社(以下「ワンリマ」という)に対し、不正競争防止法違反のため権利侵害品の即時販売停止と500万人民元(約1億10000万円)の賠償金、44万5千人民元(約890万円)の訴訟費用の支払いを命じた。


 ルブタンは、レッドソールを特徴とする女性用ハイヒールで世間によく知られており、世界的に高い知名度を誇っている。さらに、ルブタンが裁判所に提出した関連証拠によると、中国市場における影響力を拡大するため、2003年からルブタンは中国大陸でレッドソールの宣伝を開始し、2011年にはレッドソールの中国での販売を開始し、すでに9億元(約180億円)の売上高を超えたことが明かになった。


 一方、ワンリマは中国広東省の皮革生産企業で、ルブタンの製品を剽窃・模倣するレッドソールのハイヒールをTMALLや百貨店などで販売している。それを差し止めるため、ルブタンは原告の名誉を登用する悪意を持って裁判所に提訴した。



ルブタンから提供された侵害品


 ルブタンが提出した証拠に基づき、裁判所は、「レッドソール」の装飾と名称が、市場において認知度が高く、一定の影響力を有していることを証明するのに十分だとと判断した。したがって、ワンリマ会社がルブタンの影響力のある「レッドソール」の商品名及びレッドソールのデザインと同一又は類似のロゴを無断使用したことは、ルブタンと一定の特定関係があると誤解を与えるに足り、不正競争防止法第6条第1項に違反し、不正競争行為に該当し、罰金を課すと判定した。


出所:https://mp.weixin.qq.com/s/_5htyK7NwIRjg_afvTJDBg

関連記事はこちら

中国、東南アジアにおける
法律、ビジネスでお悩みの方は、
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

近日開催セミナー

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧