オンラインプロテクション
Online Protection Service

サービスの詳しい資料を今すぐご請求

ブランドイメージを傷つける
ECサイト/SNS/ウェブサイト上の
模倣品・違法品・違法投稿などを監視

~オンラインプロテクションサービスとは~

近年、世界中でインターネットを通じた商取引量が飛躍的に増加しており、これに伴い、偽物をはじめ違法品、不正品の取り扱いが増加傾向にあります。不正出品の方法も日々進化しているため、単純な不正品の販売だけではなく、例えば海外ではSEOキーワードの悪用などによって消費者が欲しいブランドを検索した結果、模倣品販売サイトに誘導され、知らず知らずのうちに模倣品を正規品と誤解して買い続けていた、という事例も見られるようになっています。

IPFグループでは、IT分野に精通した専門の調査員が日々インターネット上の被害動向を分析のうえ、これに対し的確・迅速な調査を実施し、オンライン商取引サイトへの削除申し立てなど、必要な対応を取ります。

~オフライン対策との連携~

長年、オフライン対策部門が実地調査と摘発を行なってきた実績や経験をもとに、オンライン(ネット)上の手がかりから、実際に模倣品を製造・販売している現場を突き止め、摘発するという、オンラインからオフライン(O2O)対策までワンストップでソリューションを提供しております。
主要なECサイト/SNS/ウェブサイトで流通している、貴社製品を模倣した疑義商品やサービスの出品状況を調査します。該当する出品を発見した場合、各サイトの所定の手続きに基づき、貴社の権利を登録のうえ、迅速で確実な削除申立てを実施します。
サービス01
サービス02
主にSNSでの投稿に見られる違法品や規約違反品の取引について、
IPF独自のキーワードコンビネーションを駆使し、投稿内容の監視と分析、対策の提案を行います。
インターネット販売・投稿サイトでの出品・投稿情報だけでは、模倣品であるのかを断定できないことがあるため、疑いのある商品の鑑定をする目的で、商品購入を代行します。
日本に限らず、アメリカ、イギリス、韓国、中国、台湾、オーストラリア、イタリア、タイ、インドネシア、カナダ香港など、主要国で販売されている商品の購入代行が可能です。
サービス03
Solution

オンライン上で流通する、
模倣品などでお困りではありませんか?

  • 信頼できる事務所に知財侵害対策を依頼したい
  • 模倣品の正確な情報を収集したい

IPFが貴社の知的財産を守ります

長年、実地調査・摘発に携わってきたオフラインでのナレッジに、
IT技術を導入したオンライン監視と調査を掛け合わせることで、
グローバルに広がる知財侵害を根幹から解決していくことを目指しております。
「日本の宝とも言える知的財産を守りたい」という
IPFのフィロソフィに対し、多くの企業様から共感・ご支持を頂戴しています。

アンサー01

Reason1

大手企業の知財侵害対策を多数
請け負ってきた実績

アパレル用品、自動車関連品、食品や日用品、美容用品まで、業種問わず、日本企業の知財侵害問題を多数解決へと導いてきました。IPFの模倣品対策サービスは、これまで多くの大手企業様から知的財産権についての相談・ご依頼を承ってまいりました。
また、ご要望に応じて、オンライン事業運営者(プラットフォーマー)との意見交換会の設定なども対応可能です。

Reason2

模倣品の多い中国・東南アジア
対応も可能で安心

IPFは、中国全土に100名程度の模倣対策専門の調査員を配置しており、また東南アジアにも連携先調査会社や弁護士事務所を有し、模倣品に関する正確な情報を迅速に収集しています。その調査結果をもとに、模倣品の摘発権限を持つ政府機関に対して、摘発依頼の申立を日常的に行っています。
アンサー02
アンサー03

Reason3

日中弁護士、海外提携先の弁護士により、課題や要望に対してしっかりサポート

日本、中国、東南アジアの知的財産権法制度の調査・分析はもちろんのこと、世界各国の法制度から、貴社の課題や要望を細部まで汲み取ります。
サービスの詳しい資料を今すぐダウンロードする

中国、東南アジアにおける 法律、ビジネスでお悩みの方は、 お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。