「コラム」に関する情報一覧を表示しております。

中国における証拠収集方法(公証購入)

中国では民事訴訟や行政法執行の際に、模倣業者側の侵害行為を証する証拠については、あらかじめ公証手続きを経て、証拠化しておく必要があります。その際、公証購入はもっとも多く活用されている方法で、これの概況を解説します。

「中国EC法」に関しての改正意見募集

市場監督管理総局が「中華人民共和国電子商取引法」を改正し、知的財産権侵害行為に対する打撃の度合いを強化していく見通しである。

「中国個人情報保護法」2021年11月1日施行

注目されている『中華人民共和国個人情報保護法』は、3回の審議と2回の公開意見募集を経て、2021年8月20日に最終審議で可決され、2021年11月1日から施行されることになった。

中国国務院発表「知的財産権強国建設綱要(2021-2035年)」

2021年9月22日、中国国務院は「知的財産権強国建設綱要(2021-2035年)」を公布し、各地域の各部門で実情に応じて徹底することを求める通知を出した。

BYD半導体部門スピンオフ上場、「創業板」IPOで26億元を調達

2004年に設立されたBYD半導体は、パワー半導体、知能制御(IC)、知能センサーの研究開発、製造および商業化応用などを主力業務とし、製品の多様化と技術革新が急速に進展し、市場地位が徐々に上がるとしている。

中国における刑事摘発の実態

刑事摘発は、相対的に規模が大きい商標権侵害行為に対してよく活用され、摘発当局の権限、処罰の程度が強いため、模倣品の商流が解明でき、模倣業者を一網打尽にする有益な手段となります。

不正商号是正を求める行政申立

中国での不正商号被害に関して、近年、多くの地域において商号関連の法改正などが行われ、行政当局を通じた権利行使も効果を発揮しつつあり、弊方での成功事例も増えてきたため、行政当局を通じた不正商号対応の概要についてご紹介します。

中国における著作権登録制度

中国模倣対策する際、予め、著作権登録をしておかないと、様々な場面において、問題が生じることも少なくありませんので、中国における著作権登録の制度・手続・活動場面などを紹介したいと思います。

中国におけるイノベーションの動向 ~「BATIS」の台頭・自動運転市場に事例に分析~

中国政府は「中国製造2025」という国家計画を打ち出し、製造分野における更なるイノベーションを通じて、世界の製造業を牽引することを目標としている。そんな流れの中で、中国政府は、巨大企業集団「BATIS」を中国イノベーションのけん引役として指名した。

中国専利法改正(2021年6月1日施行)

2020年10月に専利法の第四回目の改正案が可決し、今年の6月1日に正式に施行されました。今回の改正法のポイントは主に以下3点になると思われますので簡単に紹介します。