「オフライン模倣対策」に関する情報一覧を表示しております。

中国における証拠収集方法(公証購入)

中国では民事訴訟や行政法執行の際に、模倣業者側の侵害行為を証する証拠については、あらかじめ公証手続きを経て、証拠化しておく必要があります。その際、公証購入はもっとも多く活用されている方法で、これの概況を解説します。

中国模倣対策の最新事情

【外部セミナー】2021.11.11開催 |近年、中国におけるECサイト等における模倣品被害は急増しており、また、同時にインターネットを介して中国から日本・東南アジア・その他海外地域に模倣品が拡散している事例も増えており、こうした新しい事象についても対応していく必要に迫られている。今回は、中国のオンライン対策、また、上流業者に対する調査・摘発などの方法などに関して、最新事例も交えながら解説致します。

模倣品対策・知的財産権侵害対策 最新実務

【外部セミナー】2021.10.28開催 | 中国における模倣被害の現状を概説し、種々製品に関する模倣品対策の方法について、調査、摘発、民事訴訟、水際差止に至る一連のフローについて具体的を解説致します。

中国における刑事摘発の実態

刑事摘発は、相対的に規模が大きい商標権侵害行為に対してよく活用され、摘発当局の権限、処罰の程度が強いため、模倣品の商流が解明でき、模倣業者を一網打尽にする有益な手段となります。

中国・東南アジアにおける模倣対策の最新実務

【外部セミナー】2021.09.28開催 | 中国、東南アジアの模倣被害・対策の最新事情、各国主要ECサイトの特徴、対応方策、中国での上流対策の具体的手段等について、実例に即して解説致します。

特許庁補助金事業 中小企業のための海外模倣品・侵害対策セミナー

【外部セミナー】2021.08.06開催 | 日本企業の海外ビジネスが活発になる中、中小企業にとっても、知的財産が侵害されるリスクがあり、適切な対策を講じることが重要となってきています。中国における侵害の実態や各種係争に関する手続きの内容・流れについてお話し致します。

【IPFウェビナ】中国知財侵害対策講座(中国における知財侵害時の調査・証拠収集の実務)

【IPF主催セミナー】2021.07.27開催 | 本セミナーでは、商標権侵害と専利権侵害を中心として、中国で権利行使を行う際の前提となる調査・証拠収集(特に公証購入)の一般的な方法、実務上の留意点などについて、実例に即して具体的に解説致します。

反不正当競争法に基づく行政摘発成功例

近年の模倣品形態はデッドコピーだけではなく、商品のデザインだけを真似るパタンも増えています。この場合は商標権侵害に基づく対策は難しくなるため、「反不正当競争法」を活用していくことが重要であり、同法を根拠にした行政摘発の成功事例になります。

O2O調査成功例

近年、増え続けるO2O対策(オンラインtoオフライン対策)を実際に行っていく場合、そのはじめの一歩となる「調査」の流れやポイントをまとめた事例になります。

摘発に伴う賠償金獲得成功例

中国では、刑事摘発に成功して、一定の場面や条件を満たす案件に関しては、模倣業者から損害賠償金を請求するための当事者間交渉が可能であり、これにより、模倣対策費用への事実上の補填になり得ます。こうした摘発に伴う賠償金請求の成功事例になります。