コラム

「中国個人情報保護法」2021年11月1日施行

 注目されている「中華人民共和国個人情報保護法」は、3回の審議と2回の公開意見募集を経て、2021年8月20日に最終審議で可決され、2021年11月1日から施行されることになった。


 今回の「個人情報保護法」は、個人情報保護分野の基本法として、「データセキュリティー法」、「インターネット安全法」、「暗号法」と共に、中国における情報ガバナンスの立法枠組みを構築するものとなる。


 同法は、個人情報、センシティブ個人情報、個人情報取扱者、自動的決定、非特定化および匿名化の基本概念を規定し、適用範囲、個人情報の取扱いに関する基本原則、個人情報およびセンシティブ個人情報の取扱いに関する規則、個人情報の域外提供に関する規則、個人情報保護分野における各関与主体の職責および権限、ならびに法的責任などをめぐって、個人情報の保護について全面的に規定を設けており、個人情報保護分野におけるより完備的な制度体系を確立している。


 また、注意すべきは、同法の適用範囲が中国外にまで拡大されていることであり、同法第3条によると、同法の適用範囲は、中国の域内において自然人の個人情報を取扱う活動だけでなく、特定の状況下では中国域外において、中国域内の自然人の個人情報を取扱う活動も含まれる。ここでいう特定の状況は、個人情報の取扱者が商品またはサービスを提供するために発生する直接的な情報取扱活動と、行動分析や評価などの企業による一般的行われる間接的な情報取扱活動も含まれている。


出所:中国人民代表大会公式サイト


中国、東南アジアにおける 法律、ビジネスでお悩みの方は、 お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。