コラム

中国国務院発表「知的財産権強国建設綱要(2021-2035年)」

2021年9月22日、中国国務院は「知的財産権強国建設綱要(2021-2035年)」を公布し、各地域の各部門で実情に応じて徹底することを求める通知を出した。

知的財産権強国の建設を推進し、知的財産権の創造、活用、保護、管理とサービスレベルを全面的に向上させ、社会主義近代化建設における、知的財産権制度の役割を十分に発揮させるために、本綱要を制定したと見られ、その重要ポイントについて以下の通りとりまとめました。


ポイント①「発展目標」

2025年までに、知的財産権強国に関する明確な成果をあげて、知的財産権保護を一層厳格にして、社会満足度は比較的に高いレベルに達し、これにより、知的財産権の市場価値はより明確になり、ブランドの競争力は大幅に向上させる。専利集約型産業の付加価値をGDPの13%に成長させて、版権産業の付加価値をGDPの7.5%に成長させて、知的財産権ライセンス料の年間輸出総額は3500億元に達し、1万人当たりの高価値な発明専利の保有件数は12件を満たす。

2035年までに、中国における知的財産権の総合的競争力は世界トップレベルに達して、知的財産権法制度を整備して、知的財産権はイノベーション・創業が発展するように促進し、社会全体の知的財産権に関する文化自覚が形成され、各種方法により、知的財産権の国際協力が全方位的に形成され、特徴ある中国の世界レベルの知的財産権強国化をある程度完成させる。


ポイント②「知的財産権制度の構築・改善」

・構造が緊密で内外調和のとれる法律体系を構築する

・職責統一化させて、科学的・規範的で、優れたサービスを備えた管理体制を構築する

・公平かつ公正で、科学的な評価のできる政策体系を構築する

・新興分野や特定分野に対応した合理的な保護を図るための知的財産権規則体系を構築する

・公正、効率、科学的で、権利の境界が明確で、体系の整った司法保護体制を改善する

・便利、効率、厳格、公正的で、オープンで透明な行政保護体系を整備する

・統一的な指導課における、スムーズで連動、迅速で効率的な協調保護のための構造を整備する

・企業主体で、質の高い創造体制を整備する

・効率かつ順調に実行できる、価値を十分に実現される運用体制を整備する

・規範的で秩序ある、活力に満ちた市場化運営体制を構築する

・包括的にサービスを規範化し、インテリジェントで効率的な公共サービスの提供を強化する

・公共サービスの標準化、規範化、ネットワーク化の建設を強化する

・データが標準化、資源が統合された、効率的利用できる情報サービスモデルを構築する

・「知識尊重、革新提唱、誠実順法、公平競争」の理念を作る

・新規な内容で、形態が多様で、融合発展する知的財産権文化伝達体制を構築する

・より開放的、積極的で、活力のある知的財産権人材発展環境を醸成する

・知的財産権グローバルガバナンス体制の改革と建設に積極的に参加する

・二国ないし多国間調整や連携された国際協力網を構築する

・組織に関しての指導、条件保障、考査・評価を強化する


出所:中国国家知識産権局公式サイト


中国、東南アジアにおける 法律、ビジネスでお悩みの方は、 お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。