中国・東南アジアにおける模倣対策の最新実務
〜各国ECサイトを通じて世界レベルで拡散する模倣品とこれへの対応方策を中心に〜

開催日:2021年9月28日(火)15:00~17:00
主催者:知的財産研究所(IIP)
場 所:オンライン
参加費:2,000〜4,000円

登壇者:分部 悠介

 近年、中国における模倣被害は、単純な商標権侵害のみならず、高度な特許権侵害も増大し、複雑多様化しながら、引き続き、多くの日本企業の悩みの種になっています。加えて、ECサイト等を通じた、中国から流出する模倣品は、東南アジア、中近東、日本等においても問題となっており、世界レベルで、総合的・効果的に対策を進めていく必要が出てきています。特に最近は、コロナ禍の中、世界的にEC取引量、模倣品も増大し、中国ECサイトのみならず、世界中のECサイト間の連携が進むことで模倣品の取引がしやすい環境になり、BtoC製品のみならず、BtoB製品の被害事例も増えています。権利者企業の立場としては、このような最新情勢を把握し、各国主要ECサイトの特徴、対策方法、また、これを起点とした中国上流模倣業者対策など理解したうえで、総合的、効率的な対策を取ることが求められてきています。本セミナーでは、中国、東南アジアの模倣被害・対策の最新事情、各国主要ECサイトの特徴、対応方策、中国での上流対策の具体的手段等について、実例に即して解説致します。

中国、東南アジアにおける 法律、ビジネスでお悩みの方は、 お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。