お客様の声

株式会社吉田(YOSHIDA & Co., Ltd.)

事業部名:開発本部・商品開発部・ブランド推進グループ
担当者名:模倣品対策室 部長 原口 直久
業種:ファッション・ブランドバッグ
課題:インターネット上の模倣品が課題
導入の背景 トライアル(単発対応)から効果を実感し、年間型の対応へ
導入の決め手 精度の高さと対応力の頼もしさ
導入後の効果 80%が模倣品でしたが、現在11%ほどまでに減少

すべてのステークホルダーを守るため

2020 年に創業85 周年を迎えた吉田カバンこと株式会社吉田。
創業当時からのこだわり、日本製で高品質というブランドイ
メージを守るため、IP FORWARD のオンラインモニタリング
サービスを導入しています。
同社の模倣品対策室の担当者さまに、サービス導入の背景や
効果などについてお話を伺いました。

模倣品の主流は中国のEC サイト

当社の商品はすべて日本国内で生産しています。日本全国にいる職人さん、一人ひとりの技術を活かした高品質な製品を提供すること。創業以来、メイドインジャパンにこだわり続けています。お客さまから「日本製だから安心。長く使える」という言葉をいただくのが一番嬉しいことです。そんな私たちのこだわりが詰まった製品の模倣品が出始めたのは、90 年代。当時は人気シリーズのデッドコピーが、フリーマーケットなどに多く出回っていました。時代によって移り変わりもありましたが、現在は中国のEC サイトが主流です。当社は中国に正規の流通ルートを持っていません。当社の正規品がないという状態のなかで作られた模倣品は、もはやデッドコピーとも言えないような製品。全く関係のないデザインに当社の「ポーター」の織ネーム(タグ)が付いているものが増えているという現状です。残念ながら中国のマーケットで売られている模倣品を購入しているのは、現地の方より日本人の方が多い。以前、大きな模倣品工場の摘発があったのですが、その工場があったのは日本人の駐在員の方が多く住んでいるエリアでした。当社の製品タグが付いているから本物だと信じて手にしてしまった。そういったお客さまを保護するという意味も含めて、模倣品対策にはより力を入れていかなくてはと考えています。

トライアル期間から効果を実感

当社で、模倣品対策室が立ち上がったのは2019 年。それまではカスタマーセンターという部署のなかで、税関の対策や会合の出席、他社との合同摘発などを行っていました。そうして積み上げてきたものが実を結び、専門の対策室になったという背景があります。
IP FORWARD のオンラインモニタリングサービスを導入したのは、ちょうどそのタイミングです。それまで中国のECサイト対策もカスタマーセンターで、私と数人のスタッフが手作業でリストアップしていたのですが、EC サイト上で模倣品の削除依頼をしても、その先がない。どうしたらいいんだろうと行き詰まっていたときに、お話をいただき、まずは半年間のトライアル期間(単発契約)から開始いたしました。
そのトライアル期間で一定以上の効果があり、正式導入となりましたが、IP FORWARD の頼もしいところは、当社の製品やブランドの特徴を理解してくれていることはもちろん、こちらからの要望に対してのリターンが早いこと。当社の製品は常時2,000 アイテムほどあり、真贋の見分けが難しいのですが、最初にお願いしたポイントは絶対に逃さない。さらに、当社が模倣品として一度チェックしたものは次回以降、必ず削除の対象に入っています。また、製品へのリンク削除だけでなく、その先のほかのEC サイトに流れているのか、実店舗があるのか。そういった総合的な対応も増やしてほしい、という当社の要望にも応えていただいています

精度の高さと対応力の頼もしさ

実際に、中国の大手EC サイト上で表示される当社の製品は、これまで80%が模倣品でしたが、現在11%ほどまでに減ってきています。問題
のある製品への正確さ、精度の高さ。要望へのスピード感。逆に、こちらでは存在すら分からないようなサイトや削除方法が不透明なものにも、
どんどんチャレンジしていただけているので、すごく頼もしさを感じています。それがすべて年間契約のなかでの提案というのもクリアですし、
担当としてはストレスフリー。それもトライアルから正式導入に至った理由
です。
また、IP FORWARD では実際の被害額を目に見える数字で出していただけるのも特長です。当社でも「模倣品が登場するのは知名度のあるブ
ランドの宿命」「EC サイトから模倣品を削除していっても際限がないのでは」という声を聞くことがあります。そういった声に対しては、具
体的な数字を提示することで模倣品対策がいかに必要かということを分かってもらいやすく、予算を対策費にまわせるという社内的なメリッ
トも感じています。

オンラインからオフラインに繋がる模倣品対策を

職人技にこだわった国産品という当社のポリシーを今後も守っていくために、IP FORWARD は大切なパートナーです。最終的に法的措置を取
るのは行政機関ですが、その一歩前まで付き合っていただける。フットワークが軽いところも魅力です。
今後は、オンラインでの情報を解析してのラーニング、さらなる効率化に加え、そこからオフラインへ。実店舗や工場の摘発に繋げられるよ
うに、というのが我々の課題だと考えています。そのためにも、積極的に当社からも情報を共有していきたいですし、さらなるサービスの拡
充を期待しています。

関連記事

中国模倣対策の最新事情

【外部セミナー】2021.11.11開催 |近年、中国におけるECサイト等における模倣品被害は急増しており、また、同時にインターネットを介して中国から日本・東南アジア・その他海外地域に模倣品が拡散している事例も増えており、こうした新しい事象についても対応していく必要に迫られている。今回は、中国のオンライン対策、また、上流業者に対する調査・摘発などの方法などに関して、最新事例も交えながら解説致します。

中国・東南アジアにおける模倣対策の最新実務

【外部セミナー】2021.09.28開催 | 中国、東南アジアの模倣被害・対策の最新事情、各国主要ECサイトの特徴、対応方策、中国での上流対策の具体的手段等について、実例に即して解説致します。

特許庁補助金事業 中小企業のための海外模倣品・侵害対策セミナー

【外部セミナー】2021.08.06開催 | 日本企業の海外ビジネスが活発になる中、中小企業にとっても、知的財産が侵害されるリスクがあり、適切な対策を講じることが重要となってきています。中国における侵害の実態や各種係争に関する手続きの内容・流れについてお話し致します。

中国、東南アジアにおける 法律、ビジネスでお悩みの方は、 お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。