「模倣対策実務」に関する情報一覧を表示しております。

中国における証拠収集方法(公証購入)

中国では民事訴訟や行政法執行の際に、模倣業者側の侵害行為を証する証拠については、あらかじめ公証手続きを経て、証拠化しておく必要があります。その際、公証購入はもっとも多く活用されている方法で、これの概況を解説します。

中国模倣対策の最新事情

【外部セミナー】2021.11.11開催 |近年、中国におけるECサイト等における模倣品被害は急増しており、また、同時にインターネットを介して中国から日本・東南アジア・その他海外地域に模倣品が拡散している事例も増えており、こうした新しい事象についても対応していく必要に迫られている。今回は、中国のオンライン対策、また、上流業者に対する調査・摘発などの方法などに関して、最新事例も交えながら解説致します。

【IPFウェビナ】中国・ASEAN知財侵害対策講座(基礎からわかる!ASEAN知財)

【IPF主催セミナー】2021.10.29開催 | 近年、大企業の製造拠点が移転されるなど、コロナ禍でも着実に成長を続けるASEAN。 知的財産の分野も例外ではなく、弊所でも取り扱う案件が増えております。しかし、日本や中国とは法制度や商慣習など異なる面が多く、またASEAN諸国内でも各国の特色があるため注意が必要となります。本セミナーでは、ベトナム現地での駐在経験を踏まえながら、ASEAN主要国における知財制度、模倣品対策、契約交渉や不正問題など、気を付けるべきASEAN特有の問題点について解説致します。

模倣品対策・知的財産権侵害対策 最新実務

【外部セミナー】2021.10.28開催 | 中国における模倣被害の現状を概説し、種々製品に関する模倣品対策の方法について、調査、摘発、民事訴訟、水際差止に至る一連のフローについて具体的を解説致します。

【IPFウェビナ】中国知財侵害対策講座(中国における知財侵害訴訟の基礎)

【IPF主催セミナー】2021.09.16開催 | 近年、中国における知的財産関連の法制度が強化される流れの中で、日本企業が民事訴訟を活用して模倣対策することが一般的になるとともに、高額な賠償金を獲得する事例も目立ってきて、非常に重要で有効的な救済方法であると言えます。本セミナーでは、中国における知財訴訟の概況、基礎知識、重要な留意点について解説致します。

中国における刑事摘発の実態

刑事摘発は、相対的に規模が大きい商標権侵害行為に対してよく活用され、摘発当局の権限、処罰の程度が強いため、模倣品の商流が解明でき、模倣業者を一網打尽にする有益な手段となります。

中国・東南アジアにおける模倣対策の最新実務

【外部セミナー】2021.09.28開催 | 中国、東南アジアの模倣被害・対策の最新事情、各国主要ECサイトの特徴、対応方策、中国での上流対策の具体的手段等について、実例に即して解説致します。

不正商号是正を求める行政申立

中国での不正商号被害に関して、近年、多くの地域において商号関連の法改正などが行われ、行政当局を通じた権利行使も効果を発揮しつつあり、弊方での成功事例も増えてきたため、行政当局を通じた不正商号対応の概要についてご紹介します。

株式会社吉田に関するインタビュー記事

2020年で創業85 周年を迎えた吉田カバンこと株式会社吉田。創業当時からのこだわり、日本製で高品質というブランドイメージを守るため、IP FORWARD のオンラインモニタリングサービスを導入しています。同社の模倣品対策室の担当者さまに、サービス導入の背景や効果などについてお話を伺いました。

特許庁補助金事業 中小企業のための海外模倣品・侵害対策セミナー

【外部セミナー】2021.08.06開催 | 日本企業の海外ビジネスが活発になる中、中小企業にとっても、知的財産が侵害されるリスクがあり、適切な対策を講じることが重要となってきています。中国における侵害の実態や各種係争に関する手続きの内容・流れについてお話し致します。