「事例紹介」に関する情報一覧を表示しております。

税関差止後の民事訴訟事例

中国税関における模倣品差止が行われたあと、その模倣業者に対して徹底的な対策を行うため、税関の協力も得ながら、財産保全制度を活用し、高額賠償金を勝ち取った民事訴訟事例になります。

商標権侵害民事訴訟事例

中国における自動車部品の民事訴訟事例で、調査・公証・民事訴訟を通じて、高額賠償金判決を勝ち取った事例になります。

反不正当競争法に基づく行政摘発成功例

近年の模倣品形態はデッドコピーだけではなく、商品のデザインだけを真似るパタンも増えています。この場合は商標権侵害に基づく対策は難しくなるため、「反不正当競争法」を活用していくことが重要であり、同法を根拠にした行政摘発の成功事例になります。

O2O調査成功例

近年、増え続けるO2O対策(オンラインtoオフライン対策)を実際に行っていく場合、そのはじめの一歩となる「調査」の流れやポイントをまとめた事例になります。

摘発に伴う賠償金獲得成功例

中国では、刑事摘発に成功して、一定の場面や条件を満たす案件に関しては、模倣業者から損害賠償金を請求するための当事者間交渉が可能であり、これにより、模倣対策費用への事実上の補填になり得ます。こうした摘発に伴う賠償金請求の成功事例になります。

並行輸入品摘発成功例

インターネット上で日本から中国への並行輸入品が多数流通しており、正規ビジネスに悪影響を与えているため、行政摘発を通じて、並行輸入品の流通に抑止力を与えた事例になります。

刑事摘発成功例

中国における食品関連の模倣対策事例で、公安のリソースをうまく活用して、模倣業者ネットワーク全体に関する情報収集に成功して、一斉刑事摘発を行った事例紹介になります。