IP FORWARDベトナムオフィス開設に関するご案内

 この度、IP FORWARDグループは、東南アジアでの知財保護サービス体制等のより一層の強化のため、ベトナムのホーチミン市に東南アジア拠点となるオフィスを開設しましたので、その旨お知らせします。

 当オフィスを通じて、ベトナムのみならず、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、カンボジア、シンガポールなど東南アジア全域における知財保護サービスを提供していきます。オフィス代表には、ベトナムに駐在経験があり、現地の実務にも精通している「鷹野 亨」弁護士・弁理士が就任いたします。IP FORWARDグループは、依頼者の皆様により一層充実したサービスを提供できるよう努めて参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

※鷹野弁護士においては、引き続き、日本の法務ほか法務サービス全般についても精力的に対応してまいりますので、これら業務についてもお気軽にご相談ください。



ベトナムオフィス開設のご挨拶

 
この度、IP FORWARDベトナムオフィス代表に就任しました弁護士・弁理士の鷹野亨と申します。IP FORWARDグループの東南アジア拠点として、ベトナム・ホーチミンにオフィスを開設いたしました。なぜ新オフィスをベトナムに開設するに至ったか、その設立経緯をお話しいたします。

 これまでIP FORWARDでは、中国を中心として多くのお客様の知財権侵害対策をサポートしてきましたが、近年インターネットの普及や越境ビジネスが盛んになるにつれ、最近は、中国から拡散するグローバルな知財権侵害対策、とりわけ東南アジア等での問題への相談が増加してきておりました。

 一方で、弊職自身は、経済産業省模倣品対策室の出向時に、多くの新興国での模倣対策に携わった後、新興国の法務について専門性を高めるため2018~2021年までベトナムに駐在し、ベトナム進出する日系企業の皆様へのリーガルサポートを行ってきました。しかし、ベトナムでの知財権侵害には中国が関わっていることが多く、ベトナム国内のみでは解決に至らず歯痒い思いをすることがございました。

 そこで、中国だけでも東南アジアだけでもなく、グローバルかつシームレスな知財権侵害対策の実現を目指し、成長著しいベトナムから東南アジア全体を見て、また日本・中国と緊密に連携できるよう、ベトナム経済の中心であるホーチミンにオフィスを開設するに至りました。弊職の東南アジアでの実務経験とIP FORWARDが有する豊富な知財権侵害対策への経験、調査・摘発の豊富なリソース、またグローバルなオンライン監視スキルが融合・連携することで、日本の知的財産を守る強力なサービスを提供できると自負しております。

 世界は今不安定な状況下にありますが、その変化に柔軟に対応しながら日々精進して参りますので、今後ともより一層のご支援ご指導を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2022年9月16日
                         IP FORWARDベトナムオフィス
                                   代表弁護士・弁理士
                                             鷹野 亨