中国企業実態調査の成功事例

中国競合他社に対する実態調査

時期:2018年5月
場所:山東省、広東省
種類:企業実態調査
対象:設備製造メーカー
案件の背景

当該業者では、複数の中国ローカル競合他社は低価格を武器に、売上・シェア等が拡大している。また、中国市場に留まらず、アジア各国にも進出しはじめ、依頼者の日本企業にとっては大きな脅威になりつつ存在となっている。しかるべく対応を検討していくために、これらの競合他社の実態・実力を正確に把握することが重要で、企業実態調査を実施した。

調査方法・内容

本件では調査対象企業に対して、インターリサーチとインタビュー調査等を通じて、
同社の全体概要、経営上の強みや弱み等を把握しました。

インターネットリサーチ

インターネット上の統計データ、公開情報、既存調査レポート、記事等から必要な情報をピックアップして、わかりやすいように、グラフや図表にまとめます。

インタビュー調査

インターネットベースでは得られないような情報に関しては、従業員や業界キーマン(業界団体、有識者等)に対してインタビューを実施して関連情報を把握します。

調査結果

登記簿情報、組織図、主要関連会社、主要役員、政府バックグラウンド、主要サプライヤー・顧客、販売実績、販売チャンネルなどの情報を収集できました。特に従業員に対するインタビューにおいて、研究開発の体制・予算、今後の経営方針も一部把握しました。

売上実績

研究開発体制

製造設備状況

中国、東南アジアにおける 法律、ビジネスでお悩みの方は、 お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。