IP FORWARD

主要構成員

顧問:
伊藤 市太郎(Ichitaro Ito)(日本国弁理士)

1993年上智大学理工学部電気電子工学科卒業。
同年国際電信電話株式会社(現KDDI)入社、データ通信システムの開発及び運用に関与。在任中の1年間はKDDIアメリカにて勤務。
2001年から2014年4月まで都内特許事務所で同所副所長として勤務。
現在、フェリシテ特許業務法人で代表・弁理士として勤務。

電気通信の分野、特に、技術標準関連案件について、計1,200件の特許明細書を作成。
技術標準関連案件の作成に際しては、技術仕様書(寄書)に合致するように記載しつつ、寄書提出前に出願するためのスピードが必要であり、10年以上技術標準関連案件の作成を担当。
また、先進国のみならず、新興国での現地代理人や審査官との人脈を多く持ち、現地代理人と組んでUS審査官とのインタビューで多数の規格必須特許を取得した経験や、インド弁護士の明細書作成能力を判定した経験等を有する。

最近の主要な著書・論文等:

2012年

・知財管理 2012年7月号「スマートグリッドにおける知財戦略」

2002年

・日刊工業新聞社『知的財産権用語辞典』(共著)

その他、著書多数

最近の主要な講演、メディア出演:

2013年

・フジテレビ『FNNスーパーニュース』『特許庁まとめ審査対応』

2012年

・(2008年~2012年)日本弁理士会技術標準化委員会主催弁理士研修

2011年

・弁理士の日記念講演会「知財活用の最前線~オープンイノベーション・技術標準と知財の取り組み~」

その他、講演多数